不妊治療は排卵検査薬や産婦人科で基本的な対処をすればかなり捗る

不妊治療に関する悩みを改善しよう

歴史について学ぶ

不妊症とはまたその治療の歴史について

不妊症とは、どのような状態の時に定義されるのか皆さんは知っていますか。今回はこの定義と不妊に関する歴史について説明していきます。 一般的に言われているのが、結婚をした夫婦が避妊なしでの性交をした場合には、一年後には約8割の夫婦が妊娠に至っているという統計があります。しかし、この一年を過ぎると妊娠率がかなり下がってきてしまいます。ここで、この不妊症の定義では妊娠を望んで避妊なしの性交をしているにも関わらずに2年間経っても妊娠に至らない場合を不妊症と定義しています。 この不妊治療に関しての歴史としては次のようなことがあります。 日本で初めて、AIDという人工授精方法で妊娠に至ったのは1949年でした。1978年にはイギリスで体外受精による全国で初となる赤ちゃんが誕生しました。このように、高度な不妊治療に関しては、まだ日が浅いことが分かります。

不妊治療に関しての今後の動向について

上で述べたように、不妊治療に関しての歴史はまだ浅くここ二十年近くで急速に発展してきました。 技術的な面では、日本では体外受精や顕微鏡受精、凍結胚移植が主に高度不妊治療で行われています。中でも、体外受精はかなり効果的な不妊治療として多くの不妊症に悩む夫婦に処置されてきました。今では、一年に出生する赤ちゃんの65人に1人は体外受精によるものであると言われています。 このように、技術的な面ではかなり効果的な治療が確立されてきていますが、その費用についてはまだ、負担が大きいのが現状です。体外受精に至っては、一回につき40万円以上の費用がかかります。助成金によって賄われる部分もありますが、その治療を何回もするとなると、結果的に見てかなりの負担がかかることになります。なので、今後としては技術的な面の向上だけでなく、その治療にかかる費用を抑えることや、助成金などの在り方をきちんと整理していくことが求められるでしょう。